2010年01月20日

彼女が出来る確率

 おもしろい数字に関する話題があった。

 ロンドンの30歳の大学院生が、ドレイク方程式というのを用いて「自分に彼女ができる確率」を導き出した。

 ドレイク方程式とは、地球人と出会う可能性がある地球外文明の数を推測する理論だそうだ。

イギリスに3000万人いるという女性のうち、彼女として適するのはたった26人しかいないとのこと。

 全女性のうちロンドン在住の女性の数や「年齢的に適している(24〜34歳)」女性の数、また大卒かどうか、そして身体的魅力などが要因として考慮されたとのこと。

 その結果、ロンドンで一晩遊びにでたとして、彼の要件に合致する女性で、かつ相手も自分に興味を持ってくれる女性と出会う確率は 0.0000034%であるとはじき出されたそうだ。
 この確率は銀河系で知的生命体を発見する確率の100倍程度でしかないとのこと。

 ちなみに、この大学院生は実際には付き合って6カ月になる彼女がおり、「ロンドンの子で、要件を全て満たしている」とのことだ。

ソースURL: http://slashdot.jp/science/10/01/18/0416212.shtml

 この確立をどう捉えるかだ。 自分の理想とする女性と相思相愛になるのは、ほとんど無いと言うことか?

posted by すうじやさん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

1年は、52万5600分

人間が死ぬことは、100%起きることです。
しかし、後何年、何日、何時間、何分かは、予測できないのが大半で、自分がどれだけ時間を持っているかを考えている人は少ないのではないでしょうか?

1日は、1440分
1週間は、1万80分
1年は、52万5600分


人生80年と仮定した場合、自分自身の残り時間から、時間の使い方や時間への投資を考えてみるのもいいのでは…。

現代は、携帯電話、メール、インターネット、モバイルPCなど、情報が多すぎ、時間をコントロールできなくなってきています。

そんな、クレージー・ビジーの時間投資術を書いた本があります。
忙しい生活から、自分の生活を取り戻すには「いちばん大切なことに時間をかける」です。

今年1年の52万5600分を無駄にしないためにも、優先順位をつけて、時間投資をしましょう!


タグ:時間投資
posted by すうじやさん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

マイナス9%達成

2007年度の花王の生産活動におけるCO2排出量は90年代比『マイナス9%』で、
「日本の温室効果ガスの平均産出量を6%削減しなければならない」とする、京都議定書を大きくクリアしている。

 花王は、環境省主導の「京都議定書で」にも参加している。

 花王は、トラック輸送をCO2の排出の少ない鉄道や船舶に切り替える「モーダルシフト」を推進し「モーダルシフト」率hs、国内平均より20%以上も高い約70%に達する。

 さあ、今すぐ出かけましょう?
posted by すうじやさん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

1年で一番幸福を感じる日は?

 1年で一番幸福を感じる確率が高いのは、6月20日だそうだ。

JAPAN JOURNALSより、引用

 心理学者のクリフ・アーノール氏が、アイルクリーム製造業者「Wall's Ice Cream」の依頼により、1年で一番幸せな日を見つける研究を敢行。
 アーノール氏が使った方程式は、
 「O+(N×S)+Cpm/T+He」
というもの。
 「O」は屋外で屋外ならではの活動やイベントを楽しむこと。
 「N」は自然とのつながり。
 「S」は友人や隣人との交流。
 「Cpm」は子供時代の楽しい思い出。
 「T」は気温。
 「He」は休暇への期待
 をそれぞれ示すという。

 日照時間の長さ、夏のホリデーへの期待、子供時代の夏休みの思い出など、さまざまな要因から割り出すと、6月20日がまさに1年で一番幸せを感じる日ということになると同氏は説明。

 しかしながら、この方程式には、景気の後退予想、不動産価格の下落、インフレ、悪天候などのほか、サッカー欧州選手権「ユーロ2008」にイングランド代表チームが参加していないなどの時事的な要素は含まれていないことも指摘されている。

 梅雨の時期の日本には、あてはまらないかも??

 ちなみに、アーノール氏は、1年で一番憂鬱な日も割り出そうとしている。彼の話では、天候、クリスマス後の借金、やる気の低下、次の給料日までの日数などを基にした方程式を使って計算すると、1月末が最も憂鬱な日になる見込みという。

 6月20日生まれの人、おめでとうございます。
タグ:幸福
posted by すうじやさん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

第一印象は、『7秒』

人間の第一印象は、『7秒』で決まる!

 アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン博士の研究によると、

 「人間の第一印象を決める要素のうち 55%が見た目である」

 さらにその判断は、7秒の間になされる。

 人は、最初の直感で、その人の印象を決めると、余程のインパクトがない限り、その人に直感以上の親しみを持たないそうです。

 これは、非常に恐ろしいことです。

 女性に好かれようと思うなら・・・

 男性にすかれようと思うなら・・・

 営業で初めての会社に行く場合・・・

第一印象を、大切する努力をしましょう!!


↓ランキング!気軽にポチッとお願いします!
人気blogランキングへ 
posted by すうじやさん at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

蛍光灯で341万トンのCO2削減

 照明は、家庭の消費電力の16%を占めています。
一般家庭では、玄関、風呂場、洗面所、脱衣所、門灯、廊下等で平均6個の白熱灯を使ってそうです。

蛍光灯に寿命は10,000時間で白熱灯の10倍。
単価が高くても、10個買い替えるところが、1個で済む計算になります。

 また、60ワットの電球に相当する明るさの電球型蛍光灯は10ワット。つまり白熱灯は単純に5.4倍の電気代がかかるということ。
1灯で電気代が約177円の差。6灯なら年に約12,720円の電気代を節約できる計算になります。

 メーカーの計算によると、各家庭平均6個の白熱灯を全世界が蛍光灯に替えると年間で341万トンのCO2削減になるそうです。

president 2007.9.17号より

↓ランキング!気軽にポチッとお願いします!
人気blogランキングへ
posted by すうじやさん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

1日に使う水の量は320リットル

 日本人が1日に使う水の量は、一人当たり約320リットル

 主な要因は、洗濯、炊事、トイレ、風呂ですが、これは、渇水に苦しむ発展途上国の10倍近くにあたり、世界でも2番目に多い数字です。
 さらに、汚水処理には電力を消費し、大量のCO2を排出しますから、水を大切にすることは、温暖化を食い止める大きな原動力にもなります。
 家庭で消費される水の約2割を占めるトイレの流水量は今、劇的に少なくなっています。
 
 トイレの年間使用水道量は、一日4回(大1回、小3回)で、全員で日に16回流す計算をすると、13リットル時代で、年間7万6000リットル。これに対して、最新トイレは、年間2万8000リットル、約4万8000リットルの差がでます。水道料金に換算すると年約1万2000円の差。CO2排出量では、年17〜18`もの差ができます。

↓ランキング!気軽にポチッとお願いします!
人気blogランキングへ
タグ:
posted by すうじやさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

『エアコン』7年使えば元がとれる

 エアコンは、1997年の京都議定書を受け、遅くとも2007年までにCOP(エネルギー消費効果)の目標基準値をクリアすることが義務付けられた。

 ここ、2、3年の新製品であれば、基準値に対し、最低でも100%以上の省エネが達成されている。

 省エネ達成率の表示が義務化された2000年以前の機種は達成率が低いものもあろので、電気代、環境、両方の意味で買い替えを検討すべきである。
 
 大体、7年〜10年使えば、本体価格が電気代の差額で相殺される計算になる。

 ちなみに、2006年10月からは、AFP(年間を通じたエネルギー消費効果)、より実態に近い評価基準が導入されている。

         president 2007.9.17号より
posted by すうじやさん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

確率4160人に1人

 最高裁が、2009年春に始まる裁判員制度の実施規模のイメージを示すため、直近のデータを利用して、裁判員裁判の対象事件や有権者から選ばれる裁判員候補者の数をまとめた。

 それによると、昨年1年間の事件のうち対象となるのは3111件で、候補者は最大31万人。

 公表内容をもとに確率を試算すると、1件につき6人の裁判員と2人の補充裁判員が選ばれる場合、
 
 有権者4160人に1人が裁判員

となる計算だ

 公表は3回目。前回の05年の対象事件数3633件をもとに試算すると、3543人に1人だった。06年は事件数が減ったことで確率が低くなった。

 対象となる3111件の罪別では強盗致傷が約3割にあたる939件で最も多く、殺人642件、現住建造物等放火331件、強姦(ごうかん)致死傷240件、傷害致死181件と続いている。

asahi.comより引用 http://www.asahi.com/

裁判員制度の紹介 http://www.saibanin.courts.go.jp/

 平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が,成立しました。
公布の日(平成16年5月28日)から5年以内に裁判員制度が実施される予定です。
裁判員制度とは,国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい,被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう制度です。
  裁判員制度は,国民のみなさんの積極的な協力なくしては成り立ち得ない制度であり,裁判所としては,みなさんに制度の意義を理解していただけるよう,最大限の努力をし,関係機関と協力して,分かりやすく迅速な裁判を実現してまいりたいと思います。

あなたも裁判員!
 http://www.moj.go.jp/SAIBANIN/

↓ランキング!気軽にポチッとお願いします!
人気blogランキングへ
タグ:裁判員制度
posted by すうじやさん at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ネクタイ=446日

『ネクタイ=446日』

ネクタイの寿命は、1年2ヶ月だそうです。

ちょっと早いような気がします。

最近は、クールビズで、夏物のネクタイが売れないのではないでしょうか?

私は、夏物のネクタイを最近はしていません。

その他には、

 『お出かけ着=648日』1年9ヶ月

男性のスーツは、どれぐらいでしょうか?

結構長く着ているのではないでしょうか?

posted by すうじやさん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

恋人の寿命=1358日

『恋人の寿命=1358日』

これは、何を表しているか?わかりますか?
大手広告代理店の調査だそうですが、

「好きになって、飽きて、別の恋人を見つけるまでの時間」だそうです。

約3.7年。平均4年弱で別れるということだそうです。

さらに、男女別では、
  「男性は、 942日(2年7ヶ月)」
  「女性は、1576日(4年3ヶ月)」
男性の方が、冷めやすい、浮気をしやすいのだそうです。

あなたは、どうですか?

【全400ページ】彼があなたに夢中になる!あなたと結婚したくなる!女性の為の恋愛ノウハウ●特典メール相談●

あなたにもできる!タロット占いであなたでも幸せになれる方法
タグ:恋人 数字
posted by すうじやさん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

三巡大明神

7月1日映画が1000円なので「憑神」を見に行きました。

妻夫木聡演じる憑きに見放された浪人が、酔っ払って転んだ草むらに
「三巡大明神」と書かれた古びた祠がありました。
そこで、運が巡るようにと拍手を打ったのでした。

しかし、なんとこの大明神は、「貧乏神」、「疫病神」、「死神」の3人?の神様だったのです。
出世祈願をしたにも関わらず災いが舞い込んで来ると言うストーリーです。

貧乏神役の、西田敏行さんがおもしろかったです。
西田さん、春公開の「ゲゲゲの鬼太郎」でも、妖怪役をやってました。
この時は、頭だけでの出演でしたが、今回は姿形は人の役です。
しかし、存在感がありますね!

話を戻すと、神様もサラリーマンみたいで、それぞれの仕事にノルマがあり、絶対その人に御利益(今回は災い)を与えないと戻れないそうです。
只、例外として、別の人に災いを振ることが出来るです。(映画では「宿替え」と言っています)

この3人の神様との関わりの中から、自分の生きる道を見つけていきます。
最後はどうなるかは、映画を見て下さい。

しかし、”苦しいときの神頼み”と言うことわざがありますが、ちゃんとその神様の御利益は何かを知った上でないと、とんでもない事になります。
タグ:憑神
posted by すうじやさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

7回接触すると相手を・・・

『人は7回接触すると、その相手を好きになる』

この話は、経沢香保子さんが”日記ブログで夢をかなえる”の中で、書かれています。
 起業した時会社の知名度を上げる為に、ホームページに7回来てもらう(足を運んでもらう)事を考えたそうです。
 営業マンもPP獲得には、訪問頻度を上げる事です。
何回も足を運べば、その内話も聞いてくれ、商談に繋がってきます。電話やメールでは、そうはいかないと思います。
フェイス トゥ フェイス が重要です。



タグ:数字 接触
posted by すうじやさん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

定量報告のすすめ


 今日は、プロジェクトの進捗状況のレビューを行った。
10個程度のレビューを行ったが、数字を使った定量的な報告が出来ていないプロジェクトリーダーがいる。

 第三者や上司に報告する時は、数字を使った報告をするのが望ましい。
 単なる文章の羅列は、聞いている方もよく分からない。
 報告者の頭の中では、考えているがアウトプットできていない人もいる。
 数字を使った報告を心がける事が重要。
posted by すうじやさん at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

経費予算

今日は、営業部別の経費予算を作成していました。

本部経費は既に決まっているので、部別に分解する訳です。

本来は、4月末頃には作成していなければならないのですが・・・

我社の経費予算は、次の様にして立てます。

 1.年度末前1.5ヶ月前頃に、多額経費調査を実施。
   各部より申請。

 2.当年度の見込と、追加新成分より、本部全体の

   経費予算を作成 ⇒ 年度末1ヶ月前

 3.損益予算作成(全社予算、本部予算)

   ⇒ 予算決定

 4.今年度に入り、部門予算を作成。

こんな感じです。

だいたい、5月末頃に細部の予算が確定します。

確定するまでは、暫定予算で運用しています。
タグ:予算
posted by すうじやさん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

他人は全てお客様

お客様に出す見積書、請求書、その他資料で、数字が

間違っていると大変なことになる。

単なる謝罪では済まされない。ペナルティーを払わ

なければならないケースもある。

しかし、社内資料については、つい、チェックが甘くなってしまう。

いつも、間違えてくる人間の資料は疑ってかからねばならない。

”他人は全てお客様”と思い、資料作成は、

緊張感を持って臨むべきである。

社内のスタッフ職であっても、自分のお客様は誰か?を

意識して行動すれば、おのずと間違いもへると思われる。
タグ:数式 数字
posted by すうじやさん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

選挙も数字

昨日、統一地方選でも、集計ミスがありました。

ミスにより、一旦当選の喜びをしたのに、一転して落選となった人。又、逆の人。

不注意の数字のミスが、個人の人生を左右することになります。

次にある市町村選挙では、もっとシビアになってきます。

1票差で、落選という事もあります。

集計する際は、二重、三重のチェックを行うべきだと思います。
posted by すうじやさん at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

数字に強くなれ!

『数字に強くなれ、数字に強くなることが、ユダヤ商法の
基礎であり、儲けの基本である。』


これは、藤田田さんの言葉です。

藤田田さんを知っていますか?

そうです、日本マクドナルドの創業者です。

成功したければ、数字に強くなろう!

数字を見て、”気づく”癖をつけよう!

posted by すうじやさん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

プレゼンには数字を・・・

プレゼンやセミナーでは、数字を多く使うと、より効果や説得力が増します。

ハーバード大学の教授は特によく使うと聞いたことがあります!?

キャッチコピーでも数字を使った方が効果が出ることは、実証済みです。

ダイエット、儲け話など・・・ たくさんあります。

私も何度も引っかかってしまいます。

ですから、プレゼンでは数字を多様しましょう!!
posted by すうじやさん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

「数字体感力」を磨け

「数字体感力」を磨け
PRESIDENT 2006.9.18号で、みずほFG.前田晃伸社長が語っていました。
 
今の時代、仕事の解決能力を高めるために「数字は体で覚えよ」「生きた知恵は失敗から学べ」と説いておられます。

「数字を体で覚える」とは・・・・

数字を正確に把握する力、読み解く力、数字に生き生きと語らせる力。

では、どうすれば数字に強くなれるか?

肌感覚で数字がわかるようになる事。それには、数字に直接自分で触れる癖をつける事。

確かに数字と言うのは、日頃から注意して見る習慣をつけていると、計算して出てきた答えや、人が作った資料を見た瞬間「この数字は、おかしい」と感じられる様になります。

それを身につけるには、できる限り、現場に近いところに行って、自分の手で直接数字に触れるしかありません。
数字を単に目で眺めていたのでは駄目です。自分の手で貸借対照表や損益計算書を実際に作って見ることです。

そうすれば、数字に対するセンサーが働くようになります。
自分のにとって数字を生きたものにするために、自分の手で直接触れる癖をつけましょう!

posted by すうじやさん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。