2010年01月27日

オフィスグリコ

オフィスグリコって知ってますか?

会社や事務所で、グリコのお菓子を無人販売するビジネスです。

”男性社員はお菓子を食べない?”
       ↓
”男性社員も引き出しにお菓子を入れている!」←”発見”

オフィスの「男性社員」をターゲットにした「置き菓子」サービスが出来上がった。

仕組みは、昔からある”富山の薬売り”の”置き薬”のビジネスモデルと、よく田舎の道路沿いに、”無人の野菜販売所”組み合わせ、オフィスの”置き菓子”に置き換えた。

無人の販売箱を設置し、定期的に、グリコから商品の補充と、代金を回収していく。

企業内にある為か、回収率は、ほぼ100%だそうだ。

尚、この販売の箱は、”リフレッシュボックス”と名付けられている。

企業側でも、リフレッシュボックスを、休憩場所に設置し、”リフレッシュルーム”としている所もある。

このグリコの成功例から、長期化する景気低迷から、脱却するには、従来のビジネスの常識から脱却した発想で斬新なビジネスを構築することが重要である。

しかし、いきなり未知の領域で勝負をするのはリスクが大きい。

その為には、自社の得意なビジネスをベースにした、新ビジネスがリスクも小さく参入し易い。

誰もが、参入していない領域で、自分たちが勝てる土俵を創り出す。

所謂”ブルーオーシャン戦略”を取ることである。

そこで重要となってくるのが、”逆転の発想”であると言える。

逆転の発想から、逆転の手法も用い、逆転のマーケティングを実践する。

逆転のマーケティング=逆転の発想+逆転の手法

逆転の発想による、”ブルーオーシャン”を見つけることが、不況からの脱却になる。

参考: canonのC-Magagine2009Vol55


posted by すうじやさん at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。