2010年01月19日

メラビアンの法則

アメリカUCLA大学の心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した

「第一印象」に関する法則


人間の第一印象は、3〜5秒で決まると言われている。
人間が初対面の人物を認識する割合は

 
「言語情報」(話の内容など) ⇒  7%、
「聴覚情報」(口調や話の早さ)⇒ 38%、
「視覚情報」(見た目など)  ⇒ 55%


の割合である。
この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。

又、「言語情報=Verbal」
「聴覚情報=Vocal」
「視覚情報=Visual」の頭文字を取って
「3Vの法則」とも言われている。
               <Wikipediaより>

やはり、見た目が重要と言う事である。
私自身でも、身だしなみのいい人の方が信用出来そうに思う。
特に、飛び込み営業の場合は、第一印象が重要である。

身だしなみを正し、元気な声で明確に、重点を的確に話せればいい印象をもたれる。

しかし、見た目だけが良くても、最終的には中身が重要である。
見た目も、中身も一流になる様に自分自身を磨いていきましょう。
タグ:法則
posted by すうじやさん at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138721346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。